運休中のドブロブニクのケーブルカー、いつまで?他の登り方は? 

ドブロブニクケーブルカー

 

ドブロブニクを訪れる多くの旅人が楽しみにしているスルジ山の山頂からの景色。

 

(↓)下の写真のようにドブロブニク旧市街とアドリア海を一望できる絶景ポイントであるスルジ山・山頂は、クロたびスタッフもぜひ足を運んでいただきたスポットのひとつです。

 

 

ところで、スルジ山の山頂に行く方法は、ケーブルカー(ロープウェー)でアクセスする方法が一般的ですが、非常に残念なことに先月末頃(2019年4月25日)から突如、運休状態となってしまいました。

 

これまでもメンテナンスや悪天候の影響などで運休になることが度々あったドブロブニクのケーブルカーですが、今回は少し事情が異なります。

 

理由は「ドブロブニク市とケーブルカーの運営会社の間で、運営に関しての契約がうまく更新されなかったため」とされていますが(あえてここには詳しく書きませんが)どうやら多額のお金が絡んだ”大人の事情”が見え隠れしています(;´▽`A“(苦笑)

 

私も先月は2回(上旬と中旬)ドブロブニクを訪れたのですが、その時は運よくケーブルカーが運行しており影響を受けませんでしたが、4月末頃(4月25日)にドブロブニクの友人からケーブルカーが今回の事情で運休になったと耳にしてびっくり。

 

当サイトでも運休のお知らせのページを作ろうと思いながらも、GW期間も重なり毎日忙しく(当初の予定では運休予定期間は2019年4月25日~5月5日とも言われていたため)「そのうち再開するだろう・・・」と思っていたら、早くも運休が決定してから3週間以上経ってしまいました。

 

現状では「運休予定期間は2019年5月31日まで」とされていますが、果たしてどうなることやら・・・。

 

スルジ山からの絶景を心から楽しみにしている旅人も大勢いるので、みんなの笑顔のためにも、さっさと解決してほしいものです。

 

スルジ山へのアクセスの仕方

4月14日 ドブロブニク

 

【旅行前にチェック!】ドブロブニク スルジ山の歩き方」の記事でも詳しくお伝えしていますが、スルジ山にはケーブルカーの他「徒歩で上る」「車(タクシー)で登る」という選択肢があります。

 

(スルジ山に向かう車道は、対向車が来るとすれ違うのが大変な細い一本道、かつ急な坂道のため、レンタカーを利用しての自力でのアクセスはおすすめしません。スルジ山の車道事情をよくわかっている現地ドライバーさんに任せるのが得策です)

 

私もGW期間中にご案内の仕事でドブロブニクへ行った際、スルジ山・山頂のレストランでのカクテルタイムのお席をお客様のためにご予約していたため「ケーブルカーで行こうと思っていたのに困ったな~」と思っていたのですが、お客様と相談の上、車(タクシー)を手配してでアクセスすることにしました。

 

 

こちらの記事でもお伝えしているとおり、旧市街付近からスルジ山・山頂までは往復で300クーナ程度が相場ですが、ケーブルカーの運休に便乗して料金を釣り上げているタクシーもいるみたいなので、注意が必要です。

 

また、みんな考えることは同じ。「ケーブルカーが動いていないなら、車で行こう」とタクシーでアクセスする観光客が多いため、スルジ山の車道は連日かなり混み合っています。

 

そのため「ケーブルカーが運行していないなら、スルジ山に車で向かおう!」という方は、時間に余裕を持って計画されることをおすすめします。

 

果たして6月1日からは無事に運行が再開するのでしょうか・・・。

 

また6月になったら、当ブログで最新情報をお伝えしますね!

 

【2019年7月10日追記】

 

6月末より無事にドブロブニクのケーブルカーの運行が再開されました!

 

(2019年5月17日 小坂井真美

 

ドブロブニクの観光情報をチェック!

⇒ ドブロブニク観光スポット一覧はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのお土産ショップ情報はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのレストラン情報はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのホテル情報はこちら

 

⇒ 【保存版】ドブロブニク空港から市内へのアクセス

 

⇒ 【ドブロブニク】これだけは押さえたい観光スポット ・ベスト10選

 

⇒ 行ってよかった!無料で楽しめるドブロブニク観光スポット5選

 

⇒ 【保存版】絶対に逃したくない!ドブロブニクの撮影・絶景スポット6選

 

⇒ 【ドブロブニク】これだけは押さえたい観光スポット ・ベスト10選

 

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

 

【クロたびスタッフの著書もよろしくお願いします】

 

⇒ 「旅するクロアチア語」 著書発売のお知らせ

 

 

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour