8月末プリトヴィツェ観光最新情報 園内の混雑具合は?

8月24日、園内の様子

 

こんにちは!

先週の土曜日(8月24日)、約2週間ぶりにプリトヴィツェへ行ってきました(8月8日&9日のプリトヴィッツェ園内様子はこちら

 

夏は混雑しがちなプリトヴィツェ公園。園内の状況が気になる方も多いと思います。

 

そこで今日は8月末のプリトヴィツェ園内の状況をお伝えします。

 

混雑のピークが過ぎた園内

8月24日、園内の様子

 

2週間前と比べると、かなり混雑が解消された様子のプリトヴィツェ。

 

2週間前に訪れた時はピークの時期だったため、駐車場に停めることができなかった車が道路に溢れている(路上駐車をしている)光景を目にしましたが、今日はそのような様子はありませんでした。

 

またピーク時には1時間近く並ぶこともあるエントランス1のチケット売り場も今日は空いていました(9時過ぎ、13時過ぎにエントランス1近くを通りましたが、どちらの時間帯もチケット売り場で並んでいる様子は見受けられませんでした)

 

どうやら、今シーズンの混雑のピークは通りを越したようです。

 

コジャク湖の遊覧船の運行状況は?

8月24日、園内の様子

混雑のピークは越えたとは言え、まだまだ観光客が多いプリトヴィツェ。

 

特に下湖群はたくさんの観光客で賑わっていました。

 

ただ、ピークの時期と異なり、今日はP2からP3へ向かう遊覧船が運行していたのもラッキーでした。(※【必見】大混雑する夏トップシーズンのプリトヴィツェ、おすすめの観光ルートは?」で詳しくお伝えしているとおり、園内の混雑が酷い日は、P2からP3へ向かう遊覧船は運行していません)

 

そのため、今日、私たちは上湖群を散策後、下湖群へと進む「【知らないと後悔する】夏のプリトヴィツェ散策 ❘ 混雑を回避するためのおすすめルート」でおすすめしているルートを辿ったのですが、やはりこのルートにして大正解でした。

 

P3付近の長蛇の列

 

というのも、P3の遊覧船乗り場に着くと、P3からP1・P2方面へ向かいたい人の長蛇の列ができていたのです(↑上写真)!!かなりの混雑ぶりで、少なくとも半時間は確実に待つような状況でした。

 

私たちは、混雑を避けるルートを辿ったので、今日も一切待つことなくスムーズに散策を楽しむことができました。

 

秋の気配が感じられた園内

8月24日、園内の様子

 

ところで、今日は天気予報によると曇時々雨(天気予報によると雷雨マークがついているものもありました)。なかには曇&雨時々晴れ、という天気予報もありましたが、いずれにせよかなり心配なお天気でした。

 

最高気温は23度。2週間前と比べると、かなり涼しく感じました。

 

この日の服装選びに少し頭を悩ませましたが、予想気温が低い上、雨が降る可能性もあったため、薄手(コットン生地)の長袖とズボンという格好で散策に挑みました。

 

なお、プリトヴィツェには朝9時過ぎ頃に到着したのですが、空気がひんやりとしていて、薄手の上着があればちょうど良かったかな…というような体感温度でした。

 

ですが、散策をスタートして、歩きはじめると身体がポカポカする上、太陽が高くなるに連れ気温が上がってきたので、薄手の長袖+ズボンという格好がちょうど良い1日でした。

 

お天気も心配でしたが、願いが通じたのか、上湖群の散策中には太陽も顔を覗かせてくれ、散策を終えた13時過ぎまでには雨に一滴も振られることなく、楽しむことができました。

 

 

ただ、正午が近くなると空が雲に覆われるようになり、気温も下がりひんやりとした空気に包まれるように…。

 

園内では半ズボンにTシャツなど、真夏の格好をした欧米の観光客も見かけましたが、寒そうに腕をさすりながら歩く人も。また特に遊覧船の上は、夏服だけでは凍えてしまいそうな肌寒さで、上着や羽織物を持っていない人は、可哀想なくらい鳥肌を立てていました。

 

 

当ブログページには、この日(8月24日)プリトヴィツェ園内を歩く人々の姿をとらえた写真を載せており、写真からもわかるように完全に夏の格好をしている人もいれば、上着を着ている人もいれば、厚手のパーカーを着ている人もいたり…と、様々な格好をした人がいました。

 

これからのシーズン、プリトヴィツェ観光の服装選びに頭を悩ませることになりますが、重ね着をしてこまめに体温調節ができる服装を強くおすすめします。

 

薄手の長袖、ズボン、足元はサンダルなど素足のものではなくスニーカーなど。

 

それに、肌寒くなったら羽織れる上着やパーカー、ストールなどをリュックサックに入れて持っていくと安心です。

 

8月24日、園内の様子

 

ただし、リュックサックを利用する際は、くれぐれもスリだけには気をつけてください!何度も当サイトでも注意喚起していますが、プリトヴィツェでは特にリュックサックを背負った観光客を狙ったスリが多発しています。

 

楽しい旅を台無しにされないためにも、貴重品はリュックサックなど死角に入れないという点を徹底してくださいね!

 

リュックサックを利用する際は、貴重品だけ別の小さなバッグに入れて身体の正面に持ってくるか、リュックサックを常に前がけにしてください。

 

次のページもヒントにしていただければ幸いです

 

⇒ 要チェック!スリのターゲットになりやすい人の6つの特徴

 

 【必見】日本大使館に聞いた、クロアチアの治安&日本人が遭いやすいトラブル

 

また9月末までプリトヴィッツェを頻繁に訪れる予定なので、当ブログで園内の最新情報をお伝えしますね☆

 

(2018年8月28日 小坂井真美

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour