【保存版】1日でブレッド湖を満喫!おすすめ観光モデルプラン

スロベニアを訪れたら、ぜひ立ち寄りたい湖畔の街『ブレッド(Bled)』。「アルプスの瞳」「アルプスの真珠」など、様々な美しい言葉で称えられるブレッドは、まさにおとぎ話の世界からそっくりと抜け出してきたかのよう。

 

スロベニア一の人気観光地ですが、とても小さな可愛らしい町で、のんびりとした旅を楽しむことができます。

 

半日もあれば主要な観光スポットを周ることができるブレッドですが、今回はブレッドの魅力をのんびり、じっくりと満喫できるおすすめ1日観光モデルプランをお伝えします。

8:00 湖畔を散策

冬の早朝のブレッド湖は実に幻想的 (C) www.slovenia.info/Franci Ferjan

 

ブレッドでの1日は朝早くにスタートさせるのがおすすめ。観光客が多くなる春から夏にかけての観光シーズン中でも、早朝はまだ人があまりいないため、静かな湖畔の雰囲気を楽しむことができます。

 

ここではスタート時間を8時にしていますが、早起きが苦にならない方は8時と言わずに、6時でも、7時でも!朝早ければ早いほど、静かな空の下で神秘的な湖の景色を楽しむことができますよ。

 

特に寒い時期の早朝は、湖面に霧が発生することもあり、実に幻想的な雰囲気に包まれます。静かな湖畔散策を楽しみたい方、美しい写真を撮りたい方は、朝早くの散策スタートをおすすめします。

 

ブレッド湖の周りにはグルリと1周できる遊歩道があり、ゆっくり歩いて2時間~2時間半程度で1周できます。一歩一歩進む度にまた異なる美しい表情を見せてくる湖に、思わず足を止めて見惚れてしまうことでしょう。時間に追われることなく、のんびり、ゆったりと散策を楽しみましょう。

 

10:30 プレトナ・ボートにてブレッド島へ

 

湖の畔から眺めるだけではなく、伝統のプレトナ・ボートに乗ってブレッド島にも渡りましょう。プレトナ・ボート乗り場は湖の畔に点在しているため、散策している間に簡単に見つけられるのでご安心ください。

 

ボートに運航スケジュールはなく、乗客がある程度集まったところで出発します。観光ハイシーズンの夏はすぐにいっぱいになり出発しますが、冬などのオフシーズンは人が集まらずなかなか出発しないこともあるので、時間に余裕を持って気長に待ってくださいね。

 

一般的に島での滞在時間は30分~40分程度。島に到着したら下船前に船頭さんが「●時●分にここに戻ってきてね」と伝えてくれるので、どのボートなのか忘れないようにしっかり覚えておき、指定された時間までに必ず戻ってきてくださいね。

 

岸からブレッド島までのプレトナ・ボートでの移動時間は、ルート(どの乗り場から乗るか)によって大きく異なります。プレトナ・ボートの乗り場、乗り方、ルートなどについて詳しくは「【保存版】ブレッド観光|プレトナ・ボートとは?乗り方、おすすめルートは?」にてお伝えしていますので、ぜひご覧ください。

 

岸を出発してから戻って来るまでの時間は、どの乗り場から乗るかにもよりますが、1日たっぷりと時間のあるお天気の良い日には乗船時間が一番長いルート(約1時間半~2時間コース)で楽しんでください!

 

12:30 ランチタイム

朝からたくさん歩いたことですし、そろそろおなかが空いてきたのではないでしょうか。

 

ブレッド周辺、特に湖の東側にはたくさんのレストランが点在しています。湖を眺めながら食事が楽しめる素敵なレストランもあるので、美しい風景を眺めながらの贅沢な食事の時間を楽しみましょう(次にお伝えするブレッド城の中にも素敵なレストランがありますよ!)。

 

14:00 ブレッド城から絶景を堪能

ブレッド城からの眺め

 

お昼ごはんを食べて元気チャージができたら、ブレッド城へ向かいましょう!

 

湖面から約100mの高さの断崖の上に建つブレッド城。湖の畔からお城まで続く階段があり、徒歩だと階段下から上まで15分~20分程度で到着します。

 

元気があればおしゃべりをしながら楽しく登れる階段ですが、かなり急なため体力に自信のない方はタクシーなど車でアクセスすることをおすすめします(車では湖周辺から約5分程度です)。

 

城内のテラスはブレッド湖やユリアン・アルプスを一望することができる、まさに絶景スポット!刻一刻と表情を変える美しい景色に、決して飽きることはないでしょう。

 

城内にはスロベニアらしいアイテムが手に入るショップもあるので、ぜひ時間をかけてゆっくりと見学を楽しんでくださいね。

 

ブレッド城内のお土産ショップについては「お土産探しにも!ブレッド城でチェックしたい4つのお店」をご覧ください

 

16:00 再び湖畔を散策

カップル旅にもおすすめ!ロマンチックなブレッド

 

ブレッド城見学が終わったら再び湖の畔に戻り、お土産屋さんやスーパーを覗いたり、小さな教会に立ち寄ったり、のんびりと散策を楽しみましょう。まだ夕食までに時間があるので、小腹がすいたらおやつにブレッド名物のブレッド・ケーキ(クリームケーキ)をどうぞ!

 

ブレッド・ケーキ

ブレッド・ケーキとは、サクサクのパイ生地にフワフワで甘~いクリームが挟まれた伝統的なケーキのこと。

 

ホテル・パークが発祥だと言われており、ホテル内のカフェはもちろん、ホテル・パークを経営するサヴァ・ホテル&リゾート直営のカフェ・レストラン『パーク・レストラン・カフェ(The Park Restaurant and Cafe)』でも元祖ブレッド・クリームケーキを食べることができます。

 

夕暮れから夜にかけて、一層ロマンチックな雰囲気が深まるブレッド。今日はこれまでにブレッドのハイライトはすべて周りきれたので、あとは思い思いの時間を過ごしてくださいね。

 

以上みなさまの素敵なブレッドの旅のヒントになれば幸いです。

 

★クロたびおすすめ!ザグレブ発・ブレッド&リュブリャナ日帰りツアーはこちら

小坂井真美

 

ブレッド観光情報をチェック!

⇒ ブレッド観光スポット一覧はこちら

 

⇒ ブレッドのお土産ショップ情報はこちら

 

⇒ ブレッドのレストラン・カフェ情報はこちら

 

⇒ ブレッドのホテル情報はこちら

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour