旅行前にチェック!クロアチア人ってどんな性格?

smile-1535564_640

 

「クロアチアの人たちはどんな人、性格だと思いますか?」と聞かれたら、あなたはどんなことを想像しますか?「クロアチア」という国自体が多くの日本人にとってまだあまり馴染みがないため「全く想像がつかない」という方がほとんどなのではないかと思います。

 

もちろん人の性格は千差万別。そもそも「クロアチア人はこう」「日本人だからこう」と、国によって人の性格をひとくくりにしてしまうのはかなり無理があることだとは思いますが、ここでは一般的によく言われる「クロアチア人の性格」、また筆者が実際にクロアチアに住んで感じたことをお伝えします。

 

フレンドリー、誰とでも気軽に話す

gossip-475029_640

 

とても気さくでフレンドリーな人が多いクロアチア。筆者も普段道を歩いていて「こんにちは!」と知らない人からニコニコ挨拶してもらえることがよくあります。

 

また、道に迷って同じ場所をうろうろしていると「大丈夫ですか?さっきからずっとこの辺りをうろうろしているから道に迷ったのかな・・・と思って。どこに行きたいの?」と声をかけて助けてもらったことも何度もありました。

 

こんな風に見知らぬ人にも気さくに話しかけ、温かい手を差し伸べてくれる人が多いクロアチア。旅行中道に迷っても、地元の人たちに助けを求めればきっと親切に道を教えてもらえることでしょう。

 

またクロアチアに実際にお越しになられた日本人観光客のみなさんからも「長い階段がある場所で一生懸命スーツケースを運んでいたら、地元の男性が“僕が運んであげるよ”と助けてくれた」というようなお話をよく耳にします。

 

クロアチアは一度訪れるとその魅力にハマってしまう方が多いのですが、その理由をお尋ねすると、ほとんどの方が「人が優しいから居心地が良い」と口を揃えられます。

 

このように「人」をその魅力として挙げられる方が多いクロアチア。きっとあなたも旅行中、現地の人とのふれあいで心がほっこりする瞬間があることでしょう。

おしゃべり好き、そしてカフェ好き

 

友達とのカフェでストレス発散♪

友達とのカフェでストレス発散♪

 

クロアチア人は大のおしゃべり好き。そしてコーヒーを片手に楽しむおしゃべりが何より大好きな人たちです。

 

そんなクロアチアのカフェはいつも人でいっぱい。クロアチアのどの街にいっても目にする光景は、カフェで昼間からおしゃべりにふけっているたくさんの人、人、人・・・!首都ザグレブの中心地はそこら中カフェだらけなのです。

 

気持ち良いリラックスタイムを過ごせるカフェのテラス席は、クロアチア人たちが大好きな場所。カフェが集まる場所は毎日が週末のような賑やかさで、いつも和やかな雰囲気が漂っています。

 

学生さんやお年寄りだけではなく、働き盛りの年代の人たちまで昼間からカフェで入り浸っているので「クロアチア人って一体いつ仕事してるんだ?」と不思議に思ってしまうほど。それくらい、クロアチア人にとってカフェでのおしゃべりは生活に欠かせないものなのです。

 

そのため日本を含め、他の国からお越しになられた方とザグレブ散策していると、平日にも関わらず「あれ?今日って何曜日(週末)でしたっけ?」と、思わず曜日感覚をなくしてしまう方が続出。「クロアチア人のカフェ好きは世界一」とクロアチア人たち自身も自負するほどです(笑)

 

声が大きい

smile-1535561_640

 

声が大きく、勢いよく話す人が多いクロアチア。特にご年配の方にそのような傾向があります。

 

そのため日本から来られた旅行者の方たちから「クロアチア人って、よくケンカしてますよね。怒りっぽいんですか?」なんて質問を時折頂きますが、クロアチア人は決して怒りっぽい人たちではありません。

 

私もクロアチア語が全くわからない時はよく、クロアチア人同士の友達が(クロアチア語で)話しているのを横で聞いていて「えっ?もしかしてケンカしてる??」なんてしょっちゅう勝手にひとりでドキドキしていたものです。ですが、そんな時も本人たちは「至って普通に楽しく会話をしていただけ」だったのです。

 

日本人にとっては少々話し方がキツく聞えることもあるクロアチアの人たちの話し方ですが、決して怒っているわけではないのでご安心ください。

負けず嫌いで見栄っ張り

man-626666_640

 

良くも悪くも、見栄っ張りなクロアチアの人たち。「お金がない」と文句を言いながらも、夏のバカンスや車、ファッションなどには結構なお金をかける人が多いようです。しかも負けず嫌いな一面もあり、他人に負けないようにかなり無理をした暮らしをしている人も少なくありません。

 

平均的(※)なクロアチア人の月収は4000~5000クーナ(約7万円~9万円程度 ※あくまでも”平均的””一般的”な月収と言われている額で、算出されている平均月収ではありません)と言われており、決して豊かな国ではありません。ですが物価は決して安くなく、野菜や果物など食品を除き、物価は日本とさほど変わりません。

 

そんな厳しい経済状態にも関わらず、クロアチアの街を歩いていると「貧しさ」や「悲壮感」を感じることはほとんどありません。みんなキチンとした身なりをして、そこそこ高級な車に乗っていたりします。

 

そのためクロアチアを訪れる外国人からは「そんな少しのお給料でどうやってこんな良い暮らしているの?」と不思議がる声をちょこちょこ耳にしますが、クロアチアとの付き合いが10年近くになる筆者も未だに不思議で仕方がありません。

 

どのようにやりくりしているかは、人それぞれ。クロアチア人たちの話では「軍人恩給制度をうまく活用していたり、カードローンをフル活用したり、それぞれいろんな方法がある」のだとか。そして基本的にクロアチアの一般家庭は夫婦共働き。子育てしながらバリバり働くお母さんたちがたくさん活躍しています。

おもてなし好き

cheers-865834_640

 

クロアチア人はよく“コーヒー”に招待してくれます。そう“お茶”ではなく“コーヒー”。話をしていると「コーヒー、飲む?」と聞いてくれてコーヒーをご馳走する文化のある国なのです。クロアチア人にコーヒーに誘われたら、ぜひ一緒にカフェに行って親交を深めてください。ちなみにクロアチアでは「コーヒーは誘った人がおごる」という習慣がありますが、これもおもてなしのひとつ。

 

お会計時にお財布を出そうとして「ダメ、ダメ!今日は僕がごちそうするよ」と言ってくれたら、有り難く「ありがとう」と笑顔で気持ちを受け取りましょう。そのかわり、次回カフェに行く時は「今日は私がご馳走するね」とお返しをするのがクロアチア流です。

 

また、もっと仲良くなってお家に招待されたら、「ラキヤ(rakija)」というお酒を勧められることがよくあるのですが、クロアチアではラキヤを勧められたらできるだけ断らないのが良しとされています。ラキヤとはバルカン半島で広く親しまれている蒸留酒。アルコール度数が40%近くあるものもあり、大変強いお酒です。

 

どうしてもお酒が飲めないなら、もちろん無理して飲む必要はありませんが、ラキヤを勧められたらできれば「あまりお酒は飲めないのですが・・・」と言いつつも、少しだけでも口をつけて「うわぁ~!強いお酒ですね!」とリアクションすれば、相手も喜んでくれますよ。

 

>>続きを読む(次のページへ)

 

Pages: 1 2

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour