夏のクロアチア旅行に用意して行きたい8 つのモノ

太陽とアドリア海が一層輝きを増す夏。クロアチア観光には最高の季節です!

 

「今年の夏休みは念願のクロアチア旅行!」こう楽しみにされている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、夏のクロアチア旅行に持ってきていただきたい、現地できっと役に立つ持ち物を8つお伝えします。

日焼け止め

特に女性の方が気になる日焼け。太陽の光がさんさんと降り注ぐお天気の良い日に、うっかり日焼け止めを塗り忘れて夢中で観光していると、あっという間に 真っ黒になってしまいます。

 

日本から持ってくるのを忘れた際は現地でも購入できますが、使い心地がイマイチだったり、肌が弱い方は荒れてしまう恐れもあるので、やはり普段使い慣れているものを持ってくる方が無難です。1日中外を観光する際は、女性のみならず男性も日焼け止めを使用することをおすすめします。

 

虫除けローション&かゆみ止め

爽やかな夏を妨害する、憎き存在「蚊」。クロアチアにだって蚊はいます。自然が多い場所にはもちろん、街中でだって油断はできません。かゆくて不快な思いをしないためにも虫除けローション、それからかゆみ止めのご用意をお忘れなく。

 

タオル

真夏のクロアチア観光は、とてもよく汗をかきます!小さなサイズでもいいので、タオルを1枚カバンの中に入れて持ち歩くといいですよ。それから、熱中症対策にならないようにこまめな水分補給もしっかりと行ってくださいね。

帽子

 

日中、特に海沿いの町では身が焦げるような暑さとなることもしばしば。熱中症対策に帽子があると心強いです。

 

サングラス

「せっかくの青いアドリア海を、この目にしっかりと焼きつけたい!だからサングラスなんて必要ない!」と思うかもしれませんが、ないと後悔することになるかもしれません。美しい景色をそのままの色で楽しみたいお気持ちはよくわかりますが、長時間強い日差しにさらされると目がダメージを受けてしまいます。目の健康を守るためにもサングラス、それから目薬も用意しておきましょう。

 

水着

 

せっかく夏にクロアチアへ行くのに海を眺めるだけなんてもったいない!ぜひ水着を用意してビーチを楽しんでください。岩場のビーチが多いクロアチア。足をケガしないためにもビーチサンダルやマリンシューズのご用意もお忘れなく!

雨具

夕立や夜雨が多いクロアチアの夏。昼間は青空が広がっていても、夕暮れ時になって急に豪雨に見舞われることもしばしば。折り畳み傘やレインコートをカバンの中に入れて持ち歩くと安心です。

 

>>>「雨の日のクロアチア観光で気をつけたい4つのこと

 

暖かい服、羽織もの

海がきれいなクロアチアの夏は「とても暑い!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。確かに、夏は日中30度以上まで気温が上がることもよくあり ますが、雨が降り急にぐっと気温がさがることもしばしば。特に夜になり急に冷え込むことがあるので、夏の旅行でも少なくとも1枚は暖かい服、それから羽織ものをご用意ください。

 

夏にクロアチアへお越しの際は、ぜひお忘れなく!

 

【関連記事】

 

【注意喚起】夏のクロアチア旅行を楽しむために、気をつけたい4つのこと

 

● クロアチア旅行はスーツケースに気を付けて!

 

【保存版】6月のクロアチア観光❘気になる気候や服装は?注意点はある?

 

【保存版】7月のクロアチア観光❘気になる気候や服装は?注意点はある?

 

【保存版】8月のクロアチア観光❘気になる気候や服装は?注意点はある?

 

【保存版】9月のクロアチア観光❘気になる気候や服装は?注意点はある?

 

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour ad ad