【保存版】旅行前に知っておきたい、ポストイナの見所

スロベニアを代表する観光地のひとつであるポストイナ。日本ではまだまだ知名度が低いポストイナですが、毎年50万人以上もの観光客が訪れる、スロベニア有数の観光地です。

 

ポストイナといえば『ポストイナ鍾乳洞』ばかりが注目されがちですが、ポストイナの見所は鍾乳洞だけではありません!そこで今回は、旅行前に知っておくとポストイナ観光がさらに楽しくなる、ポストイナの見所をお伝えします。

ポストイナ鍾乳洞内の見所

まずはじめに、通常の観光コースで見学できるポストイナ鍾乳洞の見所をお伝えします。

【トロッコ列車】

 

ポストイナ鍾乳洞の最大の特徴といえばトロッコ列車!

 

ポストイナ観光は、まずトロッコ列車に乗り込んで洞窟の奥深くへ進むことからスタートします。岩壁すれすれを時速約11キロのスピードで颯爽と進むトロッコ列車はスリル満点!(しかもトロッコ列車に屋根はついていません!)

 

大人でもハラハラ、ドキドキ、まさに冒険家気分を味わえます。

 

【コングレス・ホール】

広々としたコングレス・ホール

 

途中トロッコ列車で通りかかる、広々としたスペース。ここは「コングレス・ホール」と名付けられた空間で、かつてはダンス・ホールとして利用されていたのだとか。

 

1965年に行われた第4回国際洞窟学会以降「コングレス・ホール」と呼ばれるようになりました。頭上に輝く大きなシャンデリアが洞窟内を美しく照らし出しています。

 

【カーテン鍾乳洞】

カーテン

 

ポストイナ鍾乳洞には「カーテン鍾乳石」と呼ばれる、まるでカーテンのように薄く光を通す美しい鍾乳石が存在します。

 

洞窟内のあちらこちらに存在するカーテン鍾乳洞ですが、トロッコ列車で途中通るルート近くにあるものが最も大きく美しいカーテン鍾乳石として知られています。

 

カーテン鍾乳石は、炭酸カルシウムを含む水滴が、斜めの岩肌や天井などをゆっくりゆっくりと滑るように流れ、床に流れ落ちてしまう前に細い線上に沈殿し、鍾乳石と化したものが少しずつ積み重なりできるのだとか。また、”カーテン”の色は水滴に含まれるミネラルなどの物質によって違いがでてくるそうです。

 

不思議な美しさを放つ”カーテン”に思わずうっとりしてしまうことでしょう。

 

【ヴェリカ・ゴラ】

 

トロッコ列車を降りた観光客がまず目にするのがヴェリカ・ゴラ。

 

「ヴェリカ・ゴラ」とはスロベニア語で「大きな山」を意味します。かつてポストイナ鍾乳洞では、観光ツアーは長距離に渡る徒歩で行われていた時代があり、そのツアーの最大の目的地はヴェリカ・ゴラだったのだとか。

 

目的地であるヴェリカ・ゴラに辿り着く頃には、長時間に渡る徒歩観光の疲れのため、イエス・キリストが十字架に貼り付けにされたゴルゴダの丘のように見えたため、このような名前がつけられたのだそう。そんなヴェリカ・ゴラには見方によっては十字架に見える鍾乳石もたくさんあります。

 

またヴェリカ・ゴラの頂上付近には「ノアの箱舟」と呼ばれる岩があり、19世紀前半にここを訪れた人々のサインが数多く残されています(※現在は鍾乳洞に落書きをすることはもちろん、触れることは厳禁です)。

 

【ロシア橋】

 

ヴェリカ・ゴラと「レペ・ヤメ」と呼ばれる白く輝く美しい鍾乳石がたくさんあるエリアを結ぶのが「ロシア橋」。第一次世界大戦で捕虜となったロシア兵によって作られたことから、この名が付けられました。

 

ロシア橋を渡ると、その先はレペ・ヤメ。「レペ・ヤメ」とはスロベニア語で「美しい洞窟」を意味します。

 

レペ・ヤメにはいくつかのホール(ぽっかりと開いた広い空間)があり、次にお伝えする「白ホール」「スパゲッティーホール」「赤ホール」なども、レペ・ヤメに位置しています。

Pages: 1 2 3

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour ad ad