ドブロブニクの市バスの乗り方&ピレ門前バスロータリー情報

ドブロブニクの市バスはオレンジ色

ドブロブニクの市バスはオレンジ色

ドブロブニクはザグレブとは異なり、トラムや電車が走っていません。そのため、市内での移動手段はローカルバス(市バス)かタクシーとなります。観光スポットはすべて城壁内や城壁から徒歩圏内にまとまっているドブロブニク。ですので城壁内のホテルや、城壁から徒歩圏内のホテルに宿泊される方はローカルバスを利用する機会はないと思います。

 

ですが、大型ホテルがたくさん集まっているラパッド地区やバビン・クック地区に宿泊する方は、ドブロブニクに滞在中は毎日ローカルバスを利用することとなります。そこで今回はドブロブニクでのバスの乗り方&注意点をお伝えします。

 

>>>ドブロブニクのホテルエリアについては「どこに滞在するべき? ドブロブニクのホテルのエリア」をご覧ください

チケットの購入方法

まず、バスに乗るにはチケットが必要ですが、購入方法は以下の2つ。(※支払いは現金のみ。クレジットカードは使えないのでご注意ください)

 

1. 乗車時に運転手さんから直接買う(15クーナ)

 

2. 事前にチケット売り場やキオスクで買う(12クーナ)

 

チケット売り場やキオスクで買う方がお得ですが、ここで購入したチケットが使えるのは旧市街周辺を走る①~⑨番のバスのみ。⑩番以上のバスに乗車する場合は、運転手さんから直接チケットを買ってください。チケット売り場はピレ門前のバスロータリーやスルジ山の麓にあるケーブルカー乗り場などに位置しています。その他、町中の各バス乗り場の一部にもチケット売り場が併設している所があります。

乗り過ごさないようにご注意を

ピレ門前のバスロータリーの様子

ピレ門前のバスロータリーの様子

ピレ門前からラパッド(Lapad)地区へは4番のバス、バビン・クック(Babin Kuk)地区へは6番のバスでアクセスできます。宿泊予定のホテルに事前に何番のバスに乗ればいいのか確認しておくと安心です。(ピレ門前からラパッド地区、バビン・クック地区に向かうバスは、夏のハイシーズン中は深夜0時を過ぎてもローカルバスは運航しています。)

 

ところでドブロブニクのバスでは、日本のように「次は●●前です」といった車内アナウンスがありませんし、基本的にバス停にもわかりやすい名前が表示されていません。ですのでホテルに「ホテルに行くのに何番のバスに乗ればいいですか?」と尋ねても「6番のバスで7つめのバス停です」と返ってくるだけで、具体的なバス停の名前は返ってきません。

 

そのため土地勘がないと乗り過ごしてしまったり、早く降りすぎてしまったり…。降りたいバス停がどこなのかわからない時は運転手さんや、地元の乗客に「ホテル●●に行きたいのですが、バス停に着いたら教えてください」と伝えておくと安心です。事前にお願いしていても、たまにうっかりわすれてしまう運転手さんもいるので「もしかしたら忘れられているかも…」と不安になったら「もう着きますか?」と声をかけましょう。

 

また、特に日が暮れて暗くなると、街灯が少ない場所だと外の様子がとても見えづらくなり乗り過ごしをしやすくなるので気をつけてください。日本と同じように、目的地のバス停に近づいたらSTOPボタンを押しましょう。
小坂井 真美