【基本情報】クロアチア・イストラ半島って、どんな所?見所は?

イストラ半島のハイライトのひとつ「モトブン」

イストラ半島のハイライトのひとつ「モトブン」

 

アドリア海の最北部、美しい海に突き出たハート型のイストラ半島。

 

日本ではこのエリアの観光情報が極端に乏しいため、まだまだ日本人旅行者が少ないイストラ半島。ですが、ヨーロッパからのバカンス客に愛される見所&魅力満点のエリア!クロたびスタッフもお気に入りの町が多く、イチ押しのおすすめ旅行先でもあります。 

 

そんなイストラ半島が日本ではあまり知られていないなんて、とっても残念・・・!

 

そこで今回は「イストラ半島ってどんな所?」「イストラ半島の魅力は?」という、みなさんの疑問にお答えします。

イストラ?イストリア??

 

 

時々「イストラ半島って、“イストリア半島”のことですか?」 というご質問を頂戴します。
 
 
 クロアチア語やスロベニア語では“イストラ(Istra)”と呼ばれる半島ですが、イタリア語では“イストリア(Istria)”と呼ばれているそうです。
イストラ地方の主な観光地 (C)HTZ

イストラ地方の主な観光地 (C)HTZ

 

今では半島の大部分がクロアチアに属し、スロベニア、特にイタリアに属している部分はほんの一部ですが、古くはローマ帝国やベネチア共和国に支配されていた歴史をもちます。

 

イストラ半島がクロアチアの一部になったのはつい最近で、第二次世界地戦後のこと(当時クロアチアは旧ユーゴスラビアでした)。

 

それまでイストラ半島はイタリアに属していました。そのため古代ローマの遺跡がたくさん残っており、街もどこかしらイタリアを彷彿とさせる雰囲気が漂っていたり、イタリアの影響を強く受けた地方です。

 

そのためイストラ地方(クロアチア領のイストラ半島)ではクロアチア語、英語の他にもイタリア語が比較的よく通じます。

 

イストラ地方の見所、おすすめの観光地は?

ロマンチックな海辺の町「ロヴィニ」

ロマンチックな海辺の町「ロヴィニ」

 

 
古くからイタリアの影響を強く受けてきたイストラ地方の海沿いの町には、イタリアを彷彿とさせるロマンチックな雰囲気が漂っています。
 
 
一方、海を離れ内陸 に入ると空気は一変。穏やかで幻想的な風情を湛えるイストラの内陸部。なだらかな丘陵にブドウやオリーブ畑が広がり、中世で時が止まったままの小さな村々が点在します。
 
 
そう、イストラ地方は海と陸、両方のクロアチア楽しんでいただける見所満載のエリアなのです!
 
 
最後にイストラ地方エリアで観光におすすめの町 をお伝えしますね。
 

モトブン

(C)Motovun Tourist Board

ロヴィニ

ロマンチックな海辺の街、ロヴィニ

ポレチュ

 

ポレチュ旧市街の街並み

プーラ

ローマ時代の円形競技場

グロジュニャン

 

アトリエが多いグロジュニャン

フム

 

世界一小さな町、フム

 

 
※イストラ半島観光情報一覧はこちら
 

早わかり!クロアチアのエリアを把握しよう」もぜひあわせてご覧ください

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

Booking.com Kotor TourPlitivce Touradad