【実録】ザグレブのトラム車内で多発しているスリの手口

ザグレブのトラム車内

 

先日「【治安情報】ザグレブのトラム車内でスリ被害が多発中!」でお伝えしましたが、ザグレブ市内を走るトラム車内でのスリ被害が多発しています。

 

数日前、当サイトをご覧くださっている日本人旅行者のTomonobuさん(※)から「被害に遭ってしまいました・・・」と情報提供のメールを頂きました。

 

みなさんが同じような被害に遭われないためにも、Tomonobuさんからお寄せいただいたメールの一部を紹介させていただきます。

 

(※ご本人のご希望でペンネームにてご紹介させていただきます)

お寄せいただいたメール

トラム車内の打刻機

大変残念なことに、10月2日、ザグレブの中央バスターミナルから6番トラムでイェラチッチ広場に移動する際(6番線のトラム車内)にてスリに遭ってしまいました。

 

パスポートを盗まれましたが、幸いにもその日のうちに(在クロアチア日本大使館で)緊急旅券を発行して頂くことができ、無事、ドブロブニクに入ることが出来ました。

 

クロたびで、あのあたりは危険地域と何度も書いて頂いていたのに不覚です。

 

【被害発生日時】 10月2日 11時15分頃

 

【被害状況】

 

私たちはプリトヴィッツェからバスで、(ザグレブの)中央バスターミナルに11時頃に到着しました。私はポーチ、リュック、パッカブルバックの3点を持っている状態でした。

 

そして中央バスターミナルからイェラチッチ広場に向かうべく、6番線のトラムを待っていたところ、すぐにそのトラムはやってきました。

 

私たちは紙のトラムチケットを持っていたので、(紙のチケットは先頭車両か一番うしろの車両しか打刻ができないため)一番前の車両から乗車し、打刻を行うことにしたのですが、一番前の車両では、特に打刻機のあたりが異常に混んでいました。今思うと、そこだけが混雑していたのは異常だと思います。

 

さらに中央バスターミナル前の停留所からは、私たちと同じように、10名程度が一気に乗車したため、そこだけがギュウギュウ詰めの状態となってしまいました。

 

家内が先に乗り、私の分も含めてチケットの打刻をしたのですが、前にいた女性が「代わりにチケットの打刻をしてあげる」というような素振りを見せました

 

「(チケットの打刻は)既に終わっている」と言ったのですが、しばらくするとまたも「チケットに打刻を代わりにしてあげる」と言うので断ったところ、ドア付近にいた私を車内奥へと導き入れました

 

この瞬間にスラれたのではないかと思われます

 

何故わかったかと言いますと、この時、普段慎重な家内のポーチのチャックが半分開いていることに気づき、びっくりしたためです。結局、家内は酔い止め薬が盗まれていました。

 

その後、私のポーチも確認すると、半分チャックが開いており、既にパスポートは無くなっておりました犯人らしき女性二人は、既にトラムを降りた後でした。

 

なお、犯人らしき女性二人ですが、一人は細身の小柄な女性で、もう一人は大柄で少し小太りの女性でした。

 

細身の女性が(上で述べたように)私に「チケットを打刻してあげる」と2度、目で合図してきた女性です。

 

ただ(上で述べたように)私は先に入った家内にチケットを渡し、打刻をしてもらっていましたので、この細身の女性には打刻をしてもらっていません。

 

私が(その場を)動かないので、彼女は次の手として私をトラムの中へ導き入れようとしました。これに乗ってしまったのが失敗でしたこの瞬間にもう一人の女性(大柄で少し小太り)にスラれたのだと思います。

 

家内もその直前にこの女性にスラれていました。

 

細身の女性は私に対しては注意を引く役割でしたが、家内の場合は大柄な女性の単独犯でした。押す必要もないのに家内を後ろから押し、家内の背中のリュックを前にずらさざるを得ない状況にしたようです。

 

その瞬間、家内の前のポーチが死角となり、一瞬のうちに酔い止め薬をポーチから抜き去ったと思われます。

 

この二人は次の停留所で何か言いながら降りていきました。間違いなく、この二人が犯人です。

 

さらに、このあと驚いたことに、私たちが警察署にて盗難証明書の準備をしているところ、別の女性が飛び込んできました。

 

彼女はもっとひどい状態。まず(ザグレブの)中央バスターミナル内で携帯電話を盗まれ、それを警察に届けようとし、トラムに乗って移動したところ、さらに財布を盗まれてしまった、という状況でした。

 

おそらく私たちを狙った後、続けて別の女性も狙ったのだと思います。

 

今回の教訓は「6番線のトラムの最前列が混んでいれば乗らない」もしくは「乗る場合は空いている車両から乗って打刻は少し空いてから行う」のが良いのかなと思いました。

 

また、反省点としては「6番線のトラム、かつ中央ターミナルからの移動は危険」と在クロアチア日本大使館の情報にもちゃんと記載されておりました。外国に行くときは最低限の危険情報は事前確認しておくべきでした。

 

上記メールは私のような被害者が少しでも減ることを祈ってお送りしたものです。是非ご紹介下さい。

(※上記文章は、Tomonobuさんから頂戴したメールをほとんどそのまま掲載していますが、一部加筆・修正して編集しています)

領事さんのお話

ザグレブにある、在クロアチア日本大使館

 

なお、在クロアチア日本大使館の領事担当官の方も次のようにお話されていました。

 

「やはりスリ被害が多発しているのは、ザグレブ市内を走るトラム車内です。特に、中央バスターミナル前から市内中心部に向かう6番や2番のトラムを利用する観光客がターゲットになっています。

 

手口としては、中央バスターミナル前の駅からトラムに乗った直後、一緒に乗車してきた女性の数人組(一般的な格好をした女性)から「チケットの打刻の仕方を教えてあげる」と声を掛けられ、周りを囲まれて、その話を聞きながら改札を済ませたところ、リュックサックやバッグに入れていた財布やスマホがなくなっていた、というパターンがほとんどです。

 

その女性グループは、トラムが出発する前に下車するか、次の停留所で下車しています。

 

通常であれば、夏のダルマチアでスリ被害が多発するのですが、今年は特にザグレブのトラムでの被害が圧倒的に多い傾向にあります。

 

10月に入ってからも被害の報告があっていますので、まだまだスリは活動を続けているようです」と領事さん。

 

被害に遭わないためにも、次にお伝えすることをぜひ徹底してくださいね。

被害に遭わないために

中央バスターミナル前のトラム停車駅

 

「【治安情報】ザグレブのトラム車内でスリ被害が多発中!」でもお伝えしたとおり、Tomonobuさんが被害に遭われたケースに似た手口として、犯人らしき人物にトラム車内で突然声をかけられたというものもあります。

 

Tomonobuさんのケースでも、別の手口も、いずれも親切を装って旅行者にアプローチしてくるというもの。

 

被害に遭わないためにも、突然、知らない人に声をかけられた際や混雑した場所では、貴重品が入っているカバンを意識して注意してくださいね。

 

気さくで親切な人が多いクロアチアでは、単にあなたに興味を持って好奇心から話しかけてきたり、「困っているのかな?」と思って親切に声をかけてくれる素敵な人に出くわすことも珍しくありません。

 

筆者も実際にザグレブの混雑したトラムに乗車した際に「代わりに打刻してあげるよ」という親切な人に何度も出くわしましたが、幸いこれまで一度もスリ被害に遭ったことはありません。

 

そのため「話しかけてくる人、トラム車内でチケットの打刻を手伝おうとする人=スリ、悪人」と決めつけてしまうのは考えものですが、知らない人に声をかけられた時は、フレンドリーに対応しつつも、やはり気を許し過ぎないことに越したことはありません。

 

またザグレブのトラムでは、先頭車両または最後部の車両しかチケットの打刻ができないため、打刻機あたりはどうしても混雑しがちになります。

 

(⇒ ザグレブのトラムの乗り方について詳しくは「【旅行前にチェック!】ザグレブ 市バス&トラムの乗り方」をご覧ください)

 

そのため「6番線のトラムの最前列が混んでいれば乗らない」というのは難しいかもしれませんが、混雑したトラムに乗る際は、お財布やパスポートなど貴重品が入っているカバンのチャックは絶対に開けられないように必ず手を添えておくということを徹底してください(※貴重品が入っているカバンのチャックには南京錠を掛けておく、というのも一案です)

 

また度々当サイトでもお伝えしていますが、死角となる場所や、カバンを開けてすぐに手が届く場所に貴重品を入れない、というのは鉄則です!

 

スリ被害に遭ってしまったら?

 

お財布の中にクレジットカードを入れている人は、盗難被害に遭ってしまったらすぐにクレジットカード会社に連絡してください。

 

そのため、万が一の場合にすぐに連絡がつくよう、クレジットカード会社の連絡先とクレジットカード番号を手帳などに控えておくことをおすすめします。

 

このようにクレジットカードは電話一本でひとまず処理ができますが、スリ被害に遭った時、一番困るのがパスポート

 

パスポートがないと日本に帰ることができません。

 

パスポートを紛失した際に、スムーズに手続きを進められるように知っておきたい手順について詳しくは「【クロアチア治安情報】旅行中スリ・盗難に遭ったらどうする?」をご覧ください。

 

あなたはスリに狙われやすい?あわせてチェック!(↓↓)

【関連記事】

 

⇒ スリ被害に関する注意喚起❘日本人旅行者も狙われています!

 

⇒ 【2018年版】気になるクロアチアの治安!観光中に気を付けるべきポイント

 

⇒ 【クロアチア治安情報】旅行中スリ・盗難に遭ったらどうする?

 

⇒ 【必見】日本大使館に聞いた、クロアチアの治安&日本人が遭いやすいトラブル

 

※また、当サイトのクロアチア治安情報一覧以外にも、スタッフ・ブログでは時折最新のクロアチア治安情報を発信しています。安全な楽しい旅の準備にお役立ていただけると幸いです。

 

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

 

(2018年10月12日 小坂井真美) 

 

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour