【ザグレブ】市バス・トラムの乗り方

ザグレブのトラムは青色がシンボル

ザグレブのトラムは青色がシンボル

首都と言っても小さなザグレブ。観光地の集まるスポットはすべて徒歩でじゅうぶん周れる距離なのでトラムやバスを利用する方はあまり多くないとは思いますが、今回はザグレブのトラムやローカルバスの乗り方をお伝えします。

 チケットの購入方法

チケットはトラムとバス共通。乗車前にキオスクで購入しましょう。基本的に車内で運転手さんからも購入できますが、スムーズな乗車のためにも、できれば乗車前にキオスクで購入しておくことをおすすめします。ザグレブのチケットはキオスクで購入しても、車内で購入しても同じ価格、1枚10クーナです)の購入、車内購入ともに1枚10クーナ一律です。(※)

 

(※2017年2月1日より1枚4クーナのチケットが発売となりました。詳しくは「 ザグレブのバス・トラムの運賃変更のお知らせ(2017年2月1日より)」をご覧ください)

 

“Tram ticket,please”と、簡単な英語でも通じますよ!クロアチア語で伝えたい時は”Molim vas, karta za tramvaj(モーリム・ヴァス、カルタ・ザ・トラムバイ // トラムのチケットをください)”と言いましょう。

 

何駅乗っても同一料金というシステムです。打刻してから90分間有効で、一方方向に限り他のトラムやバスに乗継が可能です。

 

ザグレブのトラム・ローカルバスの共通チケット

ザグレブのトラム・ローカルバスの共通チケット

 

なお、数日間ザグレブに滞在する予定の方やトラムを何度も利用する予定の方は、チケットではなくプリペイド方式の電子カードを購入するといいかもしれません。電子カードはキオスクで初回30クーナで購入できます(チャージは25、50、75、100クーナの単位)。

 

051

 

旧型のトラムは駅の到着するとすべての扉が開きますが、新型トラムの場合は扉についている緑色のボタンを押さないと開かないことも。駅に停まったのに目の前の扉が開かなけば、上の写真の位置についているボタンを押しましょう。すぐに扉が開きますよ。

 

チケットは自分で打刻しよう

431

打刻機

打刻機 ※クリックで拡大

 

ザグレブのトラムは乗車したら自分で車内に設置されている打刻機にチケットを差し込み刻印するシステムとなっています。チケットを差込んだらしっかりと時刻が印字されているかを確認して、降車までなくさないように持っていてください。
時々抜き打ちで監査員が乗客のチケットを調べに巡回してくることがありますが、チケットの提示を求められたら焦らずチケットを見せれば大丈夫です。この時無賃乗車をしていると罰金を科せられるので、くれぐれも無賃乗車をしないように注意してくださいね。(無賃乗車が判明すると罰金215クーナが科されます!)

 

ちなみに、トラム内の各所打刻機が設置されていますが、紙のチケットの打刻が可能なのは一番前とうしろの車両のもののみ。その他のものは電子カード専用の読み取り機で打刻はできないのでご注意ください。

 

バスは運転席のある一番前の扉から入り、運転手さんのすぐ隣に設置されている打刻機でチケットを打刻してから奥に進みましょう。

 

緑のボタンを押すと扉が開きます

434

目的地についたら扉のすぐそばについている緑色のボタンを押しましょう。ちなみに、車内自動アナウンスがあるトラムと、ないトラムがあるので、乗り過ごさないように気を付けてくださいね。(バスも同様です)

 

ザグレブ市内を走るトラムの地図

ザグレブ市内を走るトラムの地図はこちら(↓) ※画像をクリックすると拡大します

ザグレブ市内を走るトラムの地図

ザグレブ市内を走るトラムの地図

 

観光客がよく利用する駅は下記:

★TRG BANA J.JELACICA (イェラチッチ総督広場)

★AUTOBUSNI KOLODVOR (中央バスターミナル)

★GLAVNI KOLODVOR  (中央(鉄道)駅)

 

その他、イェラチッチ広場から少し離れたシェラトン・ホテルにご宿泊の方は「シェラトンホテル前(Sheraton)駅」の利用が便利です。

 

 

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour ad ad