冬のプリトヴィッツェ最新情報┃雪の下湖群を散策してきました

2月14日のプリトヴィッツェ

 

今日またザグレブから日帰りで、プリトヴィッツェへ行ってきました。

 

プリトヴィッツェには、2日前(2月12日)に行ってきたばかりですが、あの後また雪がたくさん降ったようで、一昨日よりも一層深い雪に包まれていました(2月12日のプリトヴィッツェの様子はこちら

 

エントランス1から湖面に降りるための坂道(スロープ)

 

一昨日訪れた際は、たくさんの人に雪が踏み固められ、湖面近くに降りる坂道がツルツルしていて危険そうだったので、渓谷の上に点在するビュースポットを重点的に巡るルートを歩きましたが、今日は雪が降ったおかげで、新雪で歩きやすかったため、雪を踏みしめながら湖面近くまで下りてゆくことができました。

 

 

そのため今日は下湖群の真っ白で美しい景色を、湖面の高さから見ることができました。

 

ミルカ・トルニナの滝

 

とはいえ、まったく除雪がされないプリトヴィッツェの遊歩道。私たちが「ミルカ・トルニナの滝」に差し掛かった時、そこから先の遊歩道は(その日人が通った形跡がほとんどない)深い新雪の状態でした。

 

そこで「この先、深い新雪をかきわけながら、進んでゆくのが大変そう・・・」と、ミルカ・トルニナの滝の美しい景色を眺めながら、ひと休みしていたのですが、幸運なことに、あとから来た団体さんが私たちを追い越して、新雪をかき分けながら先へと進んで行ってくれたのです。

 

20名くらいの人が通った後なので、遊歩道の上にはしっかりと道ができ、おかげさまで随分と歩きやすい状態で先へと進むことができました。

木の遊歩道は雪で埋もれています

 

ですが、やはり雪道はとても歩きづらく、雪に足をとられて滑ったり、転んでいる人の姿を何度も目にしました。幸い、転んで湖に落ちてしまうような人は見かけませんでしたが、油断は禁物。

 

階段や坂道は特に注意!

 

歩きながら写真を撮ったりしようとすると、滑ってしまう可能性大なので、写真を撮る際、景色を見る際は必ず立ち止まってから楽しんでくださいね。

 

雪に埋もれる遊歩道

 

前回もお伝えしましたが、プリトヴィッツェ公園側は「下湖群は開放していますが、何があっても自己責任で散策をしてくださいね」というスタンスです。

 

雪のプリトヴィッツェ散策の際は、安全第一を心がけて楽しんでくださいね。

 

氷柱ができているプリトヴィッツェの大滝

 

いつもは小一時間もあればサクサクと散策できる下湖群のルート(エントランス1からP3まで)ですが、雪のため約2時間程かけて歩きました。

 

その後、P3からP1までは遊覧船で移動。ST2からST1は園内バスを利用し、ST1に到着後はエントランス1まで、ビュースポットからの景色を楽しみながら歩いて戻りました。

 

 

ちなみに、一昨日と同様、今日も遊覧船は1時間に1本(P3=P1のみ運行)ST2=ST1間を走る園内バスは30分に1本の間隔で運行していました。

 

(※おそらく2月いっぱいはこのような運航スケジュールだと思われますが、園内の状況に合わせて変更されるため、必ずインフォメーション・センターで当日の運航状況を確認してくださいね)

 

なお、P3のカフェ・レストランは閉鎖されているので、ご注意ください。

 

 

また、一昨日と同様、今日も万全の防寒対策をして行ったので、歩いている間は特に寒さを感じることはありませんでした。(具体的には下のような準備&恰好をして行きました)

・ 暖かいインナー(シャツ・レギンス ※シャツは2枚重ね)

・ 分厚いニットのセーター

・ 裏起毛のズボン

・ インナーダウン

・ 首元まで暖かい分厚いダウン

・ ニットの帽子

・ 分厚い手袋

・ 暖かいブーツ&靴下

唯一、一昨日と異なる点は、今日はブーツに防水スプレーをふって行ったのですが、そのおかげでブーツに溶けた雪がしみ込むことなく、一段と快適に散策することができました。

 

それから、一昨日も気になりましたが、意外にもショートブーツや運動靴で雪のプリトヴィッツェにお越しになる方の姿をたくさん目にしました。

 

雪が大変深いため、ショートブーツや運動靴などでは、靴の中に簡単に雪が入ってしまい、足元から冷えてしまいます。雪が深いプリトヴィッツェへお越しの際は、ぜひ暖かくて歩きやすいブーツ(できれば滑りにくいブーツ、スノーブーツが理想的です)を履いていらしてくださいね。

 

以上、近々プリトヴィッツェへお越しの方のヒントになれば幸いです。

 

(2018年2月14日 小坂井真美

ザグレブからプリトヴィッツェへの日帰り旅行には公認ガイド付きのプライベートツアーがおすすめです。

 

プリトヴィッツェ観光は「バスでのアクセスが不安だ。自分たちでちゃんとザグレブまで戻って来れるかな・・・」「広い公園内で迷わないか。無駄なく効率よく散策したい」というようなお声もよく耳にしますが、専用車とプロガイドが付いたプライベートツアーなら、安心&ラクラク、そんな不安も一気に払拭してくれます!

 

ただし「興味はあるけれど、プライベートツアーは予算的に厳しい」「せっかくガイドさんが付いていても、英語や外国語が話せないのでやっぱり不安」というお声も。そんな方は日本語アテンドサービスをぜひご検討ください。

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

プリトヴィッツェの観光情報をチェックしよう

⇒ プリトヴィッツェ園内散策モデルコース一覧はこちら

 

⇒ プリトヴィッツェ園内のレストラン情報一覧はこちら

 

⇒ 散策前に知っておきたい、プリトヴィッツェ国立公園の特徴

 

⇒ 【観光前にチェック】プリトヴィッツェ散策 服装と持ち物

 

⇒ 安全のために知っておきたい、公園内での注意とマナー

 

⇒ 【プリトヴィッツェ】公園へのアクセス、入園料と開園時間

 

⇒ ベストシーズンはいつ?プリトヴィッツェの幻想的な四季巡り

 

⇒ (プリトヴィッツェ観光)死亡事故につながる可能性も!絶対に守ってほしいこと

 

⇒ 【夏プリトヴィッツェ観光をする方へ】事前に知っておきたい注意点

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour