【2017年最新版】旅行前に知っておきたい、ザグレブ空港基本情報

ザグレブ空港新ターミナル

2017年3月末に新ターミナルがOPENし、モダンに生まれ変わったザグレブ空港(正式名称: Zračna luka Franjo Tuđman / フラニョ·トゥジマン空港)。

 

まだOPENしたてのため、新ターミナルに関しての日本語での情報があまりなく「ザグレブ空港が新しくなったそうですが、何かガイドブックに載っていない、注意する点などはありますか?」という、旅行者のみなさんのお声を耳にします。

 

そこで今回は「空港内の様子」「空港から市内までのアクセス」を中心に、はじめてザグレブ空港を利用する方も、知っておけば安心のザグレブ空港基本情報をお伝えします。

地上階は到着、2Fは出発フロア

 

ザグレブ空港新ターミナルの建物は4フロアから成り立っています。外からみると、1階と2階の2フロアの建物に見えますが、実際には外観からは見えないフロアが存在し、0階地上階、日本の”1階”にあたるフロア)、1階(日本の”2階”)、2階(日本の”3階”)、3階(日本の”4階”)の4部構造になっているのです。

 

0階(地上階)は到着フロア、1階は国際線到着フロア及び入国審査(パスポートコントロール)があるエリア2階は出発フロア、3階は手荷物検査場及び、国際線利用者のための出国審査(パスポートコントロール)があるエリアとなっています。(ザグレブ空港新ターミナルの施設マップはこちら(英語)

 

ちょっとややこしく感じるかもしれませんが、とても小さな空港ですし、実際に足を運んでみるとすごくわかりやすいのでご安心ください。

 

大切なポイントは、ザグレブ空港に到着する人が利用するのは地上階(0階)の到着フロアザグレブ空港から飛行機に乗って出発する人が利用するのは2階の出発フロアだという点です。(1階と3階のフロアは飛行機への搭乗者のみが利用するスペースです)

 

もちろん、到着フロアと出発フロアは搭乗者以外の方も自由に行き来することができますが、到着フロアと出発フロア間を移動するには、一旦建物の外に出る必要があります。外にエスカレーターとエレベーターがあるので、それを使って行き来します。

 

出発フロアと到着フロアを結ぶエスカレーターとエレベーター

 

それでは、次に「ザグレブ空港に到着した時の流れ」「ザグレブ空港から出発する時の流れ」をそれぞれ見て行きましょう。

 

ザグレブ空港に到着

ザグレブ空港到着フロア

 

国際線、国内線ともにザグレブ空港に到着したら、ともに地上階(0階、日本の”1階”にあたるフロア)にあるバッゲージクレーム(荷物引取り所)で荷物を受け取り、到着ゲートを通って外へ出ることになります。国際線、国内線、どちらを利用しても、外にでるために到着ゲートは同じ、1か所だけなので迷う心配はありません。

 

『到着フロア』である地上階には、両替所やATM、レンタカーの窓口、カフェ、観光案内所、お手洗いなどがあります。

 

 

両替所やATMは到着ゲートを出て右手、レンタカーの窓口や観光案内所、カフェは到着ゲートを出て左手。本当に、すごく小さな空港なので、到着ゲートを出れば、何がどこにあるのか、ひと目みてすぐにわかるのでご安心ください。

 

さて、旅行者のみなさまにとって一番気になるのは、到着ゲートを出た後の市内までの移動方法。タクシーや空港シャトルバスの乗り場の位置だと思います。

 

タクシー乗り場は、到着ゲート前にある建物の出入口正面、市内に向かう空港シャトルバスは出入口を出て右側に少し進んだ所にあります。

 

到着ゲートを出たら、この写真(↑)の景色が見えます。出入り口を出て、すぐ正面がタクシー乗り場です

 

 

空港から市内までの詳しいアクセス方法は、こちらをご覧ください ⇒  【保存版】ザグレブ空港から市内へのアクセス

なお、空港シャトルバスに乗るには現地通貨であるクーナが必要です。空港シャトルバスの運賃は片道30クーナ。運転手さんに直接現金で支払います。そのため、空港シャトルバスを利用する方は、到着ゲートを出たら、まずは両替所やATMを利用して現地通貨を手に入れましょう。

ザグレブ空港から出発

ザグレブ空港 出発フロア

 

ザグレブ空港から出発便を利用する方は2階の出発フロアへ。ザグレブ市内(ザグレブ中央バスターミナル)からザグレブ空港に向かってくる空港シャトルバスも、ここ出発フロアの正面入り口に到着します

 

市内からザグレブ空港に到着する空港シャトルバスは出発フロア(2階)入り口前に着きます。(※空港から市内に向かうバスは、上でお伝えしたように、地上階フロアより出発します。ここからは乗車できませんのでご注意ください)

 

国際線、国内線ともにチェックインカウンターはすべて2階の出発フロアにあります

 

 

チェックインカウンターの他にも、カフェやキオスク、ちょっとしたお土産屋さん(ただし、市内で買うより値段は随分高いです!)、お手洗い、インフォメーションデスクなどがあります。

 

搭乗券チェックポイント

 

チェックインを済ませたら、出発フロアの奥にある搭乗券チェックポイントを通過(ここから先は搭乗者のみ利用可能なエリアです)。エスカレーターを上って手荷物検査場がある3階に進みます。

 

 

手荷物検査が終わったら、国内線利用者は右側へ、国際線利用者はパスポートコントロール(出国審査)がある左側へ進んでくださいね。

 

以上、ザグレブ空港新ターミナルの様子を少し把握していただくことができたでしょうか?

 

繰り返しますが、ポイントは「地上階は到着フロア」「2階は出発フロア」という点のみです。「なんだかややこしいなあ」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、小さな空港なので、実際に行ってみると、迷うことなくすぐに様子が把握してもらえるはずですのでご安心ください。

 

それでは良い旅を・・・!

 

(2017年4月4日 小坂井真美)

※上記内容は記事公開時点(2017年4月現在)のものです

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour ad ad