ミキッチ選手の人気カフェ『Jolie Petite』へ行ってきました(アクセス方法も)

Jolie Petiteの美しいケーキたち

ミハイル・ミキッチ選手ご夫妻のカフェ

 

2週間程前になりますが、ザグレブの人気カフェ・ケーキショップ『Jolie Petite Patisserie』へ行ってきました。

 

『Jolie Petite』はザグレブでも話題の人気カフェ。味の評判はもちろんですが、このお店のオーナーさんは、かつてJリーグ・サンフレッチェ広島で活躍した選手として有名なミハイル・ミキッチさんご夫妻であることでも話題のお店なのです。

 

私自身はサッカーを含めるスポーツ事情に非常に疎いため、正直に告白するとミキッチ選手について詳しいことはほとんど存じ上げなかったのですが、そんな私でも「最近、日本で活躍したサッカー選手がザグレブで素敵なカフェをオープンしたらしい」という噂はかねてから耳にしていました。

 

「そうなんだ~!いつか行ってみたいな」と思いつつも、お店の名前や詳しいことは知らずそのままに・・・。でも、つい最近、そのカフェを訪れるチャンスが唐突にやってきました。

 

クロアチアでも「コロナ自粛」のためにずっとカフェにさえ行けない日々が続いていましたが、大幅な規制緩和がなされた5月11日以降、気軽にカフェへ行ける風潮になりました。

 

この日誘ってくれたのは、ザグレブに住む2人の日本人の友人。会ってから「どこのカフェに行こう?」となった時、友人のひとりが「昔Jリーグで活躍したサッカー選手がやっているカフェがたしかこの近くにあったはず・・・」とポツリ。

 

思い立ったが吉日。「あっ!聞いたことある!行ってみよう!!」ということで、車でびゅんと向かうことにしました。

 

ここはパリ?お洒落な空間に包まれた一角

カフェJolie Petite の外観

 

GoogleMapを頼りに辿り着いたのは、アパートが集まる住宅地の一角。

 

ザグレブの観光地エリアからは少し離れている(徒歩圏外)ため、一般的な観光客はまず足を踏み入れないエリアに位置しています。

 

アパートに囲まれた周辺は「何の変哲もないザグレブの住宅地の光景」が広がっていますが、ミキッチご夫妻のカフェ「Jolie Petite」がある空間だけ、なんだかとってもお洒落!

 

お店を見た瞬間「あれ?ここはザグレブではなく、パリの一角かな?」なんて思わず錯覚してしまいそうになるような、シックで落ち着いた雰囲気がお店の外まで漂っていて、ひと目見てすぐに「あっ!ここだ!」と気が付きました。

 

私たちが訪れたのは平日、金曜日のお昼頃でしたが、コーヒーやケーキを楽しむ地元っ子で賑わっていました。

 

見た目にも美しい、色とりどりのケーキたち

 

店内に入ってすぐに目が釘付けになったのは色とりどりの美しいケーキたち♥

 

どれもとてもおいしそうで「どれにしよう・・・」と迷いながらも、私が一番気になったのは「YUZU(ゆず)」という名前の黄色いケーキでした。

 

 

「ミキッチご夫妻は親日家らしいよ。広島に長く住んでいたからね」と以前、夫から聞いたことがあるので「日本を想って作ってくださったケーキのかも?」と思い、YUZUに即決しました。

 

(ミハイル・ミキッチ選手はサンフレッチェ広島に9年在籍され、その間奥様のリュプカさんやお子さんたちも共に日本で生活されたそうです。 (※Twitterで「5年在籍された」と書きましたが、正しくは9年です。Twitterで「5年ではなく9年ですよ」とご親切に教えてくださった方がいらっしゃり感謝です(*^^*) ))

 

あれもこれも・・・と目移りしてしまいそうでしたが、「みんなでちょっとずつ味見しよう」と全部で3種類注文。YUZUの他にはチョコレートケーキとピスタチオのケーキを選びました。

 

 

注文を終え外のテラス席で待っていると、店員さんがコーヒーとケーキを運んで来てくださったのですが、またそのお皿やカップがとてもお洒落!眺めているだけで幸せな気持ちになる光景がテーブルいっぱいに広がりました♬

 

 

YUZUは予想通り、柚子の味&香りのケーキ。クリーミーなのにさっぱりとした味わいの絶品ケーキでした!

 

チョコレートとピスタチオのケーキも濃厚だけれど、くどさがない繊細な味。

 

ザグレブにはたくさんのケーキ屋さんがありますが、「Jolie Petite」のケーキは見た目も洗練されていて、なかでも指折りのおいしさだと感じました。

 

濃厚なチョコレートケーキ

 

なお、料金設定も非常に良心的でケーキひとつ30クーナ(約510円)前後、コーヒー1杯19クーナ(320円)前後と非常にお手頃。(※取材・仕事ではなくプライベートで行ったので料金もざっくり、うろ覚えですが、チップ(☆)も含めてひとり50クーナちょっとでケーキ&コーヒー1杯を楽しめる設定でした)

 

ザグレブの平均的なカフェ、ケーキ屋さんと比べるとちょっぴりお高いですが、納得・大満足の料金設定です(*^^*)

 

(☆クロアチアはチップ必須!という文化の国ではありませんが、私は基本的にいつもチップをお渡ししています^^ クロアチアのチップ事情については「旅をスマートに楽しもう!クロアチアのチップ事情」をご覧ください)

 

気さくで魅力的、親日家のミキッチご夫妻

ピスタチオのケーキ

 

おしゃべりをしながらケーキを楽しんでいると、カフェの前の道から「こんにちは!おいしい?」と日本語で笑顔で手を振って私たちに声をかけてくれた男性が。「誰だろう?」と思ってふっと顔を挙げてみると、そこにいらしたのはミハイル・ミキッチさん。

 

(ミキッチ選手はファンの方が多い非常に有名な方なので、ファンの方に怒られてしまいそうですが・・・すみません💦)最初に告白した通りサッカー事情に疎すぎる私はミキッチ選手のことを詳しく存じ上げない上に、この日たまたま急に思いついてカフェを訪れただけで事前に情報も完全にノーチェック。

 

しかも友人2人も私と同じような状態、かつあまりにも気さく&フレンドリーに声をかけてくれたので、まさかご本人だとはすぐにわからず、みんなで一瞬目が点の状態 (;´▽`A“

 

それでもとっさに「こんにちは!おいしいです!」でみんなで返事をしました。そして、爽やかな笑顔で去っていく男性のうしろ姿を見ながら「今のきっとミキッチ選手だよね?ね??」とザワザワ。

 

しばらく経って、またケーキを食べておしゃべりを楽しんでいると今度は「こんにちは!日本の方ですか?私のケーキ、気に入ってくれましたか?」と、まぶしいばかりの美しさの女性が笑顔で私たちのテーブルの前にやって来ました。(「こんにちは!」は日本語で挨拶してくださいました)

 

「とってもおいしいです!見た目も本当に素敵ですね!」とみんなで答えると「うれしいわ!」と、またもや眩しすぎるくらい美しい笑顔の女性。

 

「あっ!!この方はきっとミキッチ選手の奥様(リュプカさん)に違いない!」と思いながらも、私は内心あまりにもの美しさに見惚れてしまった&突然のことで少し頭が混乱・フリーズ(笑)💦 

 

そんなこんなで、会話の詳細の記憶は飛んでしまったのですが、続けて「私たち、日本に住んでいたことがあるの。子供たちも日本で幼稚園に行ったのよ」「サンフレッチェ広島!」「日本は素敵なところだった」という言葉は非常に印象的に心に残っています。

 

富士山

 

それにしてもひと目で「あっ!絶対にこの方はモデルさんだ!」とわかる程美しかったリュプカさん(リュプカさんは実際、クロアチアを代表するモデルさんとして国際的に活躍されています)。

 

これまでに美しい女性を何人も目にしてきましたが、私にとってリュプカさんのは指折りの美しさでした!まさに女神のような優しい雰囲気を纏う、本当に美しい方でした。

 

実はお恥ずかしいことに、この日までリュプカさんのこともあまり詳しく存じ上げなかったのですが、こうして声をかけてくださった数分の間にリュプカさんの自然体の美しさだけではなく、口調や雰囲気から伝わってくる優しさ、素敵なオーラに圧倒され、すっかり虜になってしまいました(*´ω`*)

 

たまたま思いつきで唐突に訪れた日に、まさかオーナーさんのミキッチご夫妻に会うことができるなんて夢にも思っていなかったので、とても幸運でした。(店内で何かの取材・撮影が行われていたので、おそらくそのお仕事のためにご夫妻でお店にいらしたのだと思います。本当に偶然、ラッキーだったと思います)

 

家に帰ってから夫に「今日、ミキッチ選手のカフェに友達と行ったんだ!でね、偶然お店にミキッチ選手もリュプカさんもいて・・・とても気さくで素敵な方だった!!」と興奮気味に話すと「そっか~!よかったね!僕はミキッチ選手には会ったことはないけど、リュプカさんにお会いした時、確かにすごく気さくで綺麗な方だったなあ」と夫。

 

夫は以前、仕事でたまたまリュプカさんにちらっとお会いする機会があったのですが、その時「クロアチアに帰って来てからも日本の食べ物を時々食べている」というようなことをお話されていたそうです。

 

リュプカさんの興味深いお話

YUZUと名付けられたケーキ

 

素敵なミキッチご夫妻、Jolie Petiteのことをもう少し知りたくなって、クロアチア現地メディアのネット記事などをいくつかチェックしてみましたが、こちらにリュプカさんの興味深いインタビュー記事が載っていました。(Glas Istre : LJUPKA GOJIĆ MIKIĆ ŽENA NEPOGREŠIVOG MODNOG STILA: Ne stvaram drame i to je već pola zdravlja

 

それによるとリュプカさんとミキッチ選手がJolie Petiteをオープンさせようと思い立ったきっかけは、リュプカさんがモデル時代に過ごしたパリで食べた美味しいケーキたち。そしてその後、サンフレッチェ広島時代にご家族で過ごした日本で味わった数々のおいしいケーキたちだったのだとか。

 

「(クロアチアにはなかなかない)こんなケーキたちをザグレブの人にも楽しんでもらいたい」と思い立ち、2019年にJolie Petiteをオープンさせたそうです。

 

また記事内では最後に日本のことについて少し触れられていましたが、リュプカさんは「日本での日々は忘れません。日本での暮らしを通して私たちは“家族とはどうあるべきか”ということを学びました」

 

「日本からはたくさんのことを学びました・・・感情をコントロールすることができれば、いかに人生がラクになるのかということを。自分が思っていることをすべて言葉にする必要はないのだということを日本の人々から学びました。」と語られています。

 

こんな風に日本のことを褒めてくださって「嬉しいなあ」と思う反面、私自身は感情のコントロールもうまくできなかったり、言わなくていいことを言ってしまうことがある未熟者なので、なんだかハッとさせられました。(私はリュプカさんの日本での体験とは逆に、クロアチアで暮らすようになってから「自分の気持ちをストレートに表現する」ことが多くなりました)

 

ちなみに、リュプカさんのお気に入りのケーキはブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーを使ったものなのだとか。今度足を運ぶ際はベリーのケーキを食べてみようと思っています♬

 

Jolie Petiteの店舗情報・アクセス方法

 

最後に「ザグレブを訪れる際はJolie Petiteに行ってみたい!」という方のために、お店の情報とアクセス方法をお伝えします。

 

【Jolie Petite Patisserie】

 

公式Facebookページ: https://www.facebook.com/joliepetitepatisserie/

 

住所:Albaharijeva ul. 5, 10110, Zagreb(※お店の位置のGoogleMapはこちら

 

ザグレブ中心地・観光地エリア(イェラチッチ総督広場周辺)からのアクセス方法

 

14番線トラムに乗って「Prisavlje」駅あるいは「Veslačka」駅で降車後、徒歩約15分。(イェラチッチ総督広場から乗車する場合は、イェラチッチ総督の銅像を背にして右方向へ進む14番トラムに乗ってくださいね)トラム乗車時間、歩行時間をあわせて、上手くいけば30~40分程度で到着します。

 

※ザグレブのトラムの乗車方法はこちら(【旅行前にチェック!】ザグレブ 市バス&トラムの乗り方)

 

※ザグレブのトラムはスリ被害が近年多発しています。ご利用時はくれぐれもご注意ください。

 

(関連記事:【治安情報】ザグレブのトラム車内でスリ被害が多発中!

 

ザグレブのトラム

 

※Jolie Petiteは住宅地の一角にあり、トラム降車が少し迷ってしまう方もいるかもしれません。不安な方は市内中心部(観光地エリア)からタクシーを利用してアクセスされると確実&早く辿り着くことができます。タクシー利用だと(渋滞がなければ)移動時間は10~15分程度。料金はタクシーによりますが1台50クーナ前後が目安でしょう。

 

なお、Jolie Petiteがある方向へ移動時にタクシーをご利用の際は、イェラチッチ総督広場より南側(イェラチッチ総督像を背に前方の方向)の場所にあるいずれかのタクシー乗り場でタクシーを拾われることをおすすめします。イェラチッチ総督広場より北側でタクシーを乗ってしまうと、ザグレブ市内の道の特徴から遠回りなルートになってしまい、時間も料金もかさみます。

 

※ぼったくりタクシーに遭わないための心得はこちら(クロアチアでタクシーを利用する前に知っておきたいこと)をご覧ください

 

※なお、リュプカさんが経営するファッション・ブランド店「Jolie Petite」(ケーキ屋さんと同名)があります。ザグレブへお越しの際は、よろしければそちらもあわせてぜひチェックを!ファッション・ブランド店Jolie PetiteのURLはこちら

 

この記事にまとめようと思ったきっかけ

ザグレブの街並み

 

最後にJolie Petite Patisserieに行った時のことをこのブログ記事にまとめようと思ったきっかけを少しお伝えします。

 

きっかけは、とっても素敵なお店だったので、帰宅後にTwitterで「ミハイル・ミキッチ選手のザグレブのカフェに行ってきました」と何気なく呟いたら、たくさんの方からポジティブで素敵な反響をいただいたこと(↓)

 

 

なかでも、特にたくさんの素敵なメッセージ、リツイートをくださったのはサッカー好きの方、ミハイル・ミキッチ選手やサンフレッチェ広島のファンの方々。

 

「広島を去られた今でも、ミキッチ選手の大ファンなんです!ご夫妻の今の様子を垣間見ることができて嬉しいです」

 

「ミキッチ選手がザグレブでカフェをOPENしたと聞いて、いつか行ってみたいと思っていたので、どんな感じかわかって嬉しいです!」

 

3月のザグレブ地震でお店がミキッチ選手がどうなったのか心配でしたが、無事なようで安心しました」などなど、たくさんのメッセージが続々。

 

サッカー事情に疎すぎる私は「おいしいザグレブのケーキ屋さんに行ってきました!」という、いつもと変わりない気持ちでツイートしたので、正直なところとても驚いたのですが、予想以上にたくさんの方に喜んでいただけて嬉しかったです。

 

何より遠い日本からミキッチご夫妻のことを想い続けるファンのがたくさんいらっしゃることをご本人たちが知ったら、きっと喜ばれるだろうなぁ・・・と、カフェで見たおふたりの笑顔を思い出しつつ、みなさんのメッセージをほっこりした気持ちで拝読しました(*´ω`*)

 

今回は友達と完全にプライベートでふらっと楽しみに行っただけなので、お店やケーキのことについて詳しくスタッフさんに聞く機会はありませんでしたが、もし機会を頂ければお店の方に少し詳しくお話を伺いたいと考えています。(写真も今回のものはスマホで適当にチャチャッと撮っただけのものなので、今度は店内の様子などの撮影許可をいただけるかお伺いしてみてOKを頂けたら、もっとちゃんとした写真をたくさん撮ってきますね)

 

その際は、また当サイトの記事としてまとめてみなさんに情報をお届けしますね!

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

(2020年5月29日 小坂井真美

 

♥ クロたびスタッフ・ブログTwitterFacebookでは日々クロアチア各地の最新気候情報をはじめ、さまざまな情報をお伝えしています。よろしければフォローしていただけると嬉しいです)

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!


ザグレブ在住日本人ガイド
が楽しいザグレブ散策のお手伝いをします!

 

当サイトではお伝えしきれない、本当におすすめしたいレストランやお店、写真スポットにご案内したり、お土産探しなどのお手伝いをします。ザグレブ以外の町の観光アドバイスもお伝えします。ご興味のある方はこちらをご覧ください。

【クロたびスタッフの著書もよろしくお願いします】

 

⇒ ガイドブック「アドリア海の素敵な街めぐり クロアチアへ」著書発売のお知らせ

 

「見落とすべきでない観光スポットは?」「おすすめのホテル、レストランは?」「お土産はどこで買えばいい?」など、これまで数えきれないくらい聞かれたご質問に対する答えをギュッと一冊に詰め込みました。

 

また当サイト(クロたび)では紹介していないお気に入りのカフェやレストランやホテル、お店、各町でのおすすめの過ごし方などなど・・・当サイトには載せきれていない情報もたくさん盛り込んでいます。

 

よろしければお手に取っていただけると嬉しいです。

 

 

⇒ 「旅するクロアチア語」 著書発売のお知らせ

 

「クロアチア語を勉強してみたい」「クロアチア語って、どんな言葉なんだろう?」という方はもちろん、「これからクロアチアに行く予定!ちょっと言葉を覚えて、より心に残る、出会いや発見のあるクロアチア旅行を楽しみたい」という方もお手に取っていただけると嬉しいです。