7月 トップシーズンを迎えたクロアチア&スロベニア各地の最新情報

7月19日プリトヴィッツェ

 

こんにちは!

 

早いもので、もう7月も半ばですね。

 

7月20日プリトヴィッツェ

 

クロアチアはついに観光トップシーズンに突入し、各観光地は連日たくさんの観光客で賑わっています。

 

7月に入ってからは連日ザグレブ市内のご案内やプリトヴィツェへの日帰りでのお供ばかりしているため、6月のようにダルマチア地方(ドブロブニクやスプリット)、イストラ半島など他の地域には足を伸ばしていませんが、ここ数日で観光客の数がぐっと増え、夏らしさも増したように感じます。

 

特にそれが顕著に感じられるのがプリトヴィツェ。

 

7月20日プリトヴィッツェ

 

今年4月から導入された入場制限の効果がでているのか、昨年までと比べるとマシとはいえ、一週間ほど前から園内がかなり混雑するようになりました。

 

特によく長い列ができているのはST2のバス乗り場、そしてP3のボート乗り場です。

 

7月25日 プリトヴィッツェ

 

当日の状況を見て、混雑を避けて散策を楽しむことができるルートを知るガイドさんと歩けば、効率良くハイライトを抑え散策することができますが、そうでないと限られた時間で上湖郡·下湖郡両方の見所を見るのは時間的に厳しいような混雑具合の日もあります。

 

7月25日 プリトヴィッツェ

 

今日もザグレブからプリトヴィツェへ日帰りで行ってきましたが、園内は大賑わいしていました。

 

気温は30度を超える真夏日で、いつもは比較的涼しいプリトヴィツェでも、今日は焦げるような暑い一日でした。

 

プリトヴィッツェ

 

ですが、そのぶん湖はエメラルドグリーンに輝き、最高に美しかったです!

 

ところで、先週末はザグレブからプリトヴィツェに向かう道中の高速道路が大渋滞していました。

 

週末を楽しむために北部エリアから、クロアチアのアドリア海を目指して南下する人たちの車で道はいっぱい。

 

私たちはザグレブを早朝に出発した上、事前に道路状況を確認していたので、別ルートを走るなどして、渋滞をなるべく避ける形を取ることができましたが、それでも通常より1時間近くも多く到着までかかりました。

 

これから8月にかけてのバカンスシーズンは、運が悪いとこのような渋滞に巻き込まれる可能性もあるため、なるべく朝早い出発、移動が理想的です。

 

また、この時期(真夏の観光シーズン)の週末は混雑しがちなスロベニア=クロアチアの国境状況が気になる方も多いと思います。混雑が予想される日にバスや車で国境を超える際は、なるべく朝早くに国境へ到着できるように予定を組むことをおすすめします。

 

 

ところで、7月になってからしばらくの間、比較的涼しい毎日が続いていましたが、数日前からまたぐっと暑くなりました!

 

内陸部のザグレブでさえ、日中の気温は30℃を超える真夏日。

 

ドブロブニクやスプリットに住む友達は「昼は溶けるような暑さだよ〜。アドリア海は海水浴を楽しむ人で賑わってるよ」と話しています。

 

クロアチアやスロベニアの向こう一週間の天気予報をチェックしてみましたが、どこも日中は30℃を超える真夏日がしばらく続きそうです。

 

7月21日のブレッド

 

ただし、真夏のクロアチア、スロベニア観光は念のための長袖や上着の用意も必須ですのでご注意ください。

 

それから、夏は急にお天気が崩れて激しい雨に見舞われることも珍しくないため、毎日事前に天気予報をチェックして、必要に応じて折りたたみ傘や上着を持ち歩くことを強くおすすめします。

 

ポストイナ近くのプレッドヤマ城にも行ってきました

 

ちなみに21日はザグレブから日帰りでスロベニアのポストイナとブレッドへ行ってきました。

 

ポストイナには8時半頃に到着しましたが、朝一番に行ったためか、チケット売り場も周辺の施設もガラガラ。ですが、9時を周るとポストイナに続々と大型観光バスも到着しだし、一気に観光客が増え始めました。

7月21日 ポストイナ鍾乳洞前、プレッドヤマ城行きのシャトルバスに乗る人々

 

ところで、年間を通して内部の気温が13℃前後のポストイナ鍾乳洞では、真夏でも鍾乳洞内は上着が必須です。

 

ところが、なかには上着を用意しておらず、売店でポストイナ鍾乳洞オリジナルのフリースの上着を買い求める観光客の姿を目にしました。

 

7月21日 湖で泳ぐ人々

 

ポストイナ観光後、ブレッドには13時頃に到着したのですが、気温は30℃近くと暑く、湖畔は水遊びを楽しむたくさんの観光客で大賑わいしていました!

 

7月21日 ブレッド湖で楽しむ人々

 

肌がジリジリと焼けるような暑さでしたが、15時頃になり急にか強い風が吹き始め、遠くの方で雷までゴロゴロと鳴り始めました。

 

あれよあれよと言う間に空が暗い雲に覆われ、横殴りの冷たい雨がザーザー・・・!

7月21日 突然の雷雨に見舞われるブレッド

 

幸い雨が振りはじめた頃(もちろん雨傘の用意はしていましたが)運よく屋根のあるカフェに座っていたので、濡れることはありませんでしたが、急に振り始めた強い雨から逃げようとカフェに駆け込んでくる観光客がたくさんいました。

 

傘を持っていない人はもちろん全身びしょ濡れでしたが、傘を持っている人も強い雨と風のせいで服や足元が濡れて寒そうでした。

 

その後しばらくして雨脚は弱まりましたが、気温は一気に下がり、薄手の上着を着て歩く人の姿もちらほら。

 

7月21日 雨上がりのブレッド

 

このように急激な気温や空模様の変化が珍しくない、真夏のヨーロッパ。これからの季節、クロアチアやスロベニア、ヨーロッパへお越しの方は、念のための上着、そして傘や雨合羽のご用意もお忘れなく!

 

また観光客の増加に伴い、悲しいことにスリ被害が急増しています。

 

当ブログでもしつこいくらい注意喚起を行っていますが、みなさんも「自分は気をつけているから大丈夫」だと思わず、次の記事をチェックして被害に遭わないように、くれぐれも気を付けてくださいね。

 

⇒ (随時更新)【必読】クロアチア治安情報┃実録 スリ・ひったくり 日本人被害者の体験談集

 

⇒ 【必見】日本大使館に聞いた、クロアチアの治安&日本人が遭いやすいトラブル

 

⇒ 要チェック!スリのターゲットになりやすい人の6つの特徴

 

⇒ 【クロアチア治安情報】旅行中スリ・盗難に遭ったらどうする?

 

また当ブログで最新の服装・気候情報、クロアチア各地の治安情報を随時お伝えしますね!

 

(2019年7月25日 小坂井真美

 

 

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

 

【クロたびスタッフの著書もよろしくお願いします】

 

⇒ 「旅するクロアチア語」 著書発売のお知らせ

 

 

Booking.com Kotor Tour Plitivce Tour