【ドブロブニク観光基本情報】旅行前に知っておきたい9つのポイント

ドブロブニクの街並み

クロアチアを代表する人気の観光都市、ドブロブニク(Dubrovnik)

 

「アドリア海の真珠」「地上の楽園」と謳われるドブロブニクですが、日本では近年「『魔女の宅急便』のモデルになったと噂される町」として、多くの旅人の注目を集めています。

 

今回は「ドブロブニクの見どころは?」「ドブロブニク観光に必要な日数は?」「ドブロブニクではどのあたりに泊まるべき?」「ドブロブニク観光のベストシーズンは?」「ドブロブニクからおすすめの日帰り旅行先は?」などなど、旅行前に知っておきたい、ドブロブニク観光基本情報・ポイントをお伝えします!

1. ドブロブニクはどこにある?

 

クロアチアの最南部に位置するドブロブニク。

 

隣国ボスニア・ヘルツェゴビナモンテネグロにも非常に近い場所に位置しており、旅の観光拠点とするのにもぴったりの町なのです!(ドブロブニクから日帰りで訪れることができる旅先は、下の「7. ドブロブニクからおすすめの日帰り旅行先は?」にてお伝えします)

 

2. ドブロブニクの特徴

城壁に囲まれたドブロブニク旧市街

 

ドブロブニクの観光スポットが集まるエリア、いわゆる「旧市街」は城壁に囲まれています。

 

城壁に囲まれたドブロブニク旧市街は、街そのものがひとつの観光スポットのようなもの。スルジ山を除いて、基本的にガイドブックに載っているドブロブニクの観光スポットはすべて城壁内に位置しています

 

ドブロブニク旧市街内は原則的に車両の乗り入れができないため、すべて徒歩での観光となりますが、小さな町なので迷うことなく心の赴くままに散策を楽しむことができます。

 

それでは、次にドブロブニクの見どころをお伝えしますね。

3. ドブロブニクの見どころは?

ドブロブニク旧市街、プラツァ通り

 

見どころが城壁内に集まっているため、地図やガイドブックを持たなくてもぶらぶらと歩いて観光を楽しめるのがドブロブニクの魅力のひとつ!

 

ですが「街歩きに熱中し過ぎて、うっかりあの観光スポットを見逃して帰ってきてしまった」なんてことにならないよう、やはり事前にドブロブニクの名所をチェックしておきたいですね。

 

そこで「ドブロブニクに行ったらぜひ足を運ぶべき!」という必見スポットや人気観光スポットは下の記事にまとめてみました。

他にも、よろしければ下の記事もあわせてヒントにしていただけるとうれしいです。

なお、ドブロブニクに行ったら絶対に足を運んでいただきたいのが「城壁」と「スルジ山の山頂」。

 

城オレンジ色の屋根瓦の街と青いアドリア海を一望できる城壁、そしてドブロブニク旧市街全体とアドリア海を眺めることができるスルジ山・山頂からの景色は、ドブロブニクを訪れたら見逃せない絶景スポットです!

 

ぜひ次の記事もあわせてご覧ください。

 

ちなみに、可愛いネコがたくさん暮らしているドブロブニク旧市街。ネコ好きの方は「【ドブロブニク】猫好き・路地裏マニア必見!おすすめ撮影スポット」もあわせてご覧ください♬

 

4. ドブロブニク観光に必要な日数は?

 

クロアチア旅行を計画されている方から、よく頂くご質問のひとつが「ドブロブニク観光には何日必要ですか?」「ドブロブニクには何泊がおすすめですか?」というもの。

 

おすすめの滞在日数は「ドブロブニクで何をするか?」「各スポットをどれくらいじっくり楽しみたいか」にもより異なると思いますが、一般的な観光・散策のスピードなら丸1日あれば、ガイドブックに載っている主要な観光スポットを網羅することができるでしょう

 

景色をゆっくり楽しんだり、博物館をじっくり見学したとしても、丸2日あれば十分です。3日以上滞在するなら、ぜひビーチやホテルのプールでリゾート気分を楽しんだり、日帰りで近郊の町に出かけてみてくださいね!

5. ベストシーズンは?

 

ドブロブニクの観光シーズンは4月から10月

 

特にバカンスシーズンである7月・8月はドブロブニク観光のトップシーズンで、世界中から多くの観光客が詰めかけます。

 

高確率でお天気に恵まれ、一年で一番ドブロブニクが賑わう時期で街中が活気に溢れる7月・8月は「ドブロブニクのベストシーズン」と言われていますが、人が多すぎるというのがネックとなる点。

 

またドブロブニクのホテルの料金も一年で一番高くなる上、連日満室となることも珍しくありません(夏のドブロブニク旅行を計画されている方は、ホテルの予約はお早めに!)。

 

そのため、クロたびスタッフはトップシーズン前後、5月・6月・9月・10月のドブロブニクをおすすめします。

 

ただし、9月末から10月にかけてのドブロブニクは、雨が降る確率が高くなってくる季節。そのため、お天気に恵まれる可能性が高く、トップシーズンと比べると、まだ観光客が少ない5月・6月が特におすすめです

 

たくさんの観光客で賑わう、夏のドブロブニク

 

一方、11月から3月にかけては観光オフシーズンとなるドブロブニク。特にクリスマス(12月)からイースター(3月末から4月上旬)にかけての時期は完全なオフシーズンとなり、期間中は冬季休業に入るホテルやレストラン、お店なども多くなります

 

大混雑する夏とは一変、ドブロブニク旧市街は静けさに包まれます。また、営業しているお店やレストランが限られているため「ガイドブックに載っていた、行きたかったレストランがほとんど閉まっていた」なんて可能性もありますが、ゆっくりと街の雰囲気を楽しむことができるのが魅力的。

 

そのため「旅先でのショッピングには全く興味がない。食べ物もあまりこだわらない。景色や町の雰囲気を楽しむのが目的」という方は、あえてオフシーズンを狙ってみるのもいいかもしれません。

 

6. ドブロブニクのホテルエリア

ドブロブニクでぜひ泊まってみたい憧れの高級ホテル、プチッチ・パレス (C) Pucic Palace

 

旅の印象を大きく左右する宿。ホテルの設備や清潔さはもちろん、ロケーションも非常に大切ですよね。

 

ドブロブニクのホテルエリアについて詳しくは「【保存版】どこに滞在するべき?ドブロブニクのホテルのエリア」をご覧ください。

 

なお、ドブロブニク城壁内&旧市街から徒歩圏内のおすすめホテルは「【厳選】旧市街から徒歩圏内、ドブロブニクおすすめホテル5選にリストアップしています。

 

また旧市街内にご宿泊予定の方は「【必見】ドブロブニク旧市街内のホテル予約時に注意するべき5つのことをご覧ください。

 

7. ドブロブニクからおすすめの日帰り旅行先は?

ボスニア・ヘルツェゴビナの世界遺産の町、モスタル

 

ドブロブニクからなら、クロアチア国内のみならず、隣国ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルやモンテネグロのコトルに気軽に日帰り旅することができます。

 

ドブロブニクからおすすめの日帰り観光先は「ドブロブニクからおすすめの日帰り旅行スポット7選」をご覧ください。

 

8. ドブロブニクへのアクセス方法

ドブロブニク中央バスターミナル

 

【日本からドブロブニクへ】

 

日本からクロアチアへのアクセスについて、まず知っておきたいポイントとしては、現在日本とクロアチアを結ぶ直行便はないという点です。そのため、中東ヨーロッパの主要空港で最低1回の乗り継ぎが必要となります。

 

日本からドブロブニクへアクセスする場合、中東やヨーロッパの主要空港で1回目の乗り継ぎを行い、ザグレブにてクロアチアへ入国。その後ザグレブで2回目の乗り継ぎを行い、ドブロブニクへとお越しになる方も多いですが、ドブロブニク空港は、ヘルシンキやフランクフルトをはじめとするヨーロッパ各国の主要空港からの国際線も発着しているので、航空券探しの際はぜひチェックしてみてくださいね。

 

ちなみに、クロたびスタッフは航空券探しには、スカイスキャナーというサイトをよく利用しています。世界中の航空会社を一括比較してお得な航空券を簡単に探すことができる便利なサイトです。



【ザグレブからドブロブニクへ】

クロアチアの首都ザグレブ

 

「ザグレブ=ドブロブニクの移動は飛行機と長距離バス、どちらがおすすめですか?」というご質問をよく頂戴します。

 

あくまでもクロたびスタッフの個人的な見解ですが、ザグレブ=ドブロブニクの移動はずばり国内線(飛行機)の利用が断然おすすめです!

 

ザグレブ=ドブロブニク間は距離にして約600km!ノンストップで車なら6~7時間程度で行こうと思えば行けますが、長距離バスなら10~12時間もかかります・・・!

 

ザグレブ=ドブロブニク間の運賃はチケットの種類や日にちにより値段は大きく異なりますが、片道300クーナ~1000クーナ(約4800円~16000円)程度。

 

バスや車ならかなりの時間がかかる道のりも、わずか1時間以内で移動できるので、体力や時間の効率を考えると、国内線の利用が断然おすすめです。よろしければ「 【クロアチア航空国内線】予約前に知っておきたい5つのこと」もあわせてご覧ください。

 

クロアチア航空の公式HPはこちら。オンライン予約も簡単にできますよ!

 

【スプリットからドブロブニクへ】

スプリット旧市街

 

スプリットからドブロブニクへの移動について詳しくは、よくあるご質問「スプリット=ドブロブニクの移動は飛行機と長距離バス、どちらがおすすめ?」をご覧ください。

 

なお、バスでスプリット方面からドブロブニクへ向かうと、途中、ボスニア・ヘルツェゴビナ領のネウムという町を通過することになります。そのため、国境検査がありますが、チェックはとても簡単なもの。バスの中に検査官が乗り込んでくるので、パスポートを見せるだけでOKです(基本的に質問などはされないので、リラックスしてくださいね)!

 

夏季はバスや飛行機の他、アドリア海のクルーズ気分を楽しめるフェリーでの移動もおすすめです。フェリーをご利用予定の方は「【クロアチアで憧れの船旅】フェリーの乗り方Q&A 14選」をご覧ください。

 

9.ドブロブニク空港=市内間のアクセスは?

ドブロブニク空港⇒市内へのアクセス方法はこちら

 

市内⇒ドブロブニク空港へのアクセス方法はこちら

また、あわせて「ドブロブニクの市バスの乗り方&ピレ門前バスロータリー情報」もぜひご覧ください。

 

以上、みなさまの最高のドブロブニクの旅のヒントになれば幸いです。

 

⇒ ドブロブニク観光スポット一覧はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのお土産ショップ情報はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのレストラン情報はこちら

 

⇒ ドブロブニクでおすすめのホテル情報はこちら

 

⇒ 【保存版】ドブロブニク空港から市内へのアクセス

 

⇒ 【ドブロブニク】これだけは押さえたい観光スポット ・ベスト10選

 

⇒ 行ってよかった!無料で楽しめるドブロブニク観光スポット5選

 

⇒ 【保存版】絶対に逃したくない!ドブロブニクの撮影・絶景スポット6選

 

⇒ 【ドブロブニク】これだけは押さえたい観光スポット ・ベスト10選

 

【これを読めば完璧!?】

クロアチア旅行・観光のよくある質問集

みんなのご質問にクロたびスタッフがお答えします!

【クロたびスタッフの著書もよろしくお願いします】

 

⇒ ガイドブック「アドリア海の素敵な街めぐり クロアチアへ」著書発売のお知らせ

 

「見落とすべきでない観光スポットは?」「おすすめのホテル、レストランは?」「お土産はどこで買えばいい?」など、これまで数えきれないくらい聞かれたご質問に対する答えをギュッと一冊に詰め込みました。

 

また当サイト(クロたび)では紹介していないお気に入りのレストランやホテル、お店、各町でのおすすめの過ごし方など、当サイトには載せていない情報もたくさん盛り込んでいます。

 

 

⇒ 「旅するクロアチア語」 著書発売のお知らせ

 

「クロアチア語を勉強してみたい」「クロアチア語って、どんな言葉なんだろう?」という方はもちろん、「これからクロアチアに行く予定!ちょっと言葉を覚えて、より心に残る、出会いや発見のあるクロアチア旅行を楽しみたい」という方もお手に取っていただけると嬉しいです。